子宮がんNAVI
子宮がんNAVI

子宮がん

子宮がんとは?

 

子宮がんについて紹介します。子宮がんというのは、女の人がかかるがんの中でもとても多いといわれています。子宮がんはその名の通り、女性の性器の子宮に出来るがんのことです。子宮がんは二つに分けることが出来ます。まずは膣に近い部分の頸部のがんと、その奥の部分に出来る子宮がんの二つの種類に分けられます。


子宮がんはリンパ節に転移したり、他の臓器にも転移することがあるのでとても怖いがんのひとつです。子宮がんの検診は、今30歳以上なら各都道府県で、定期健診を行っているところもありますから、早期発見のためにも、定期健診は受けたほうがいいと思います。


子宮がんの検診を受けて早期発見すれば出来るだけ他の部分への転移も防げるので、健診を受けて子宮がんを早く治療することが大切だと思います。私も、妊娠時には毎回子宮がん健診を受けていましたが、ここ2年ほど、子宮がん健診を受けていないので、そろそろ一度近いうちに受けに行ってこようと思っています。


子宮頸がん

子宮頸がん

 

子宮頸がんについて紹介します。子宮頸がんというのは、子宮がんとどう違うのかと言うと、子宮がんの種類には違いないのですが、子宮頸部という部分にできるガンのことを子宮頸がんといいます。子宮頸がんの主な特徴としては、がんには珍しいのですが予防することが出来るがんと言われています。


なぜ子宮頸がんが予防できるがんなのかと言うと、子宮頸がんになる前の段階のものを発見することが出来るために、子宮がん健診を定期的に受ければ子宮頸がんになる前に発見して治療すればがんになる前に防ぐことが出来るのです。


未然に防ぐことが出来るがんだなんてすごいですよね。子宮頸がんは本当に早期発見が出来るといえますよね。子宮頸がんの初期の症状と言うのは、ほとんど自分では症状がわからないそうです。子宮頸がんが進んでいくと、不正出血があることもあるそうですが、なかなか気がつきにくいと言えます。私も子宮がん健診は、妊娠前にしか受けたことがないのですが、これからは少し子宮がん健診を定期的に受けて未然に防いでいけたらいいと思っています。


子宮頸がん

子宮頸がんの原因

 

子宮頸がんの原因について紹介します。子宮頸がんの原因は、ウィルス感染が原因立ち割れています。このウィルスはHPVというウィルスだそうで、このウィルスは、性交渉をすれば感染するウィルスです。ですから、ほとんどの女性はこのウィルスにかかっていると言われています。


HPVウィルスは性交渉によって感染するウィルスですから、性交渉をしたことがない人は子宮頸がんにはかかりにくいとも言えますね。ほとんどの人の場合、性交渉をしても子宮頸がんの原因になるウィルスは自然に体の外に出るようになっているのですが、極まれに、子宮頸がんの原因になってしまって、子宮頸がんを引き起こす場合があるようです。


子宮頸がんや子宮がんになる人は、不特定多数の人と関係を持ったいい加減な人という見方が少し前までありましたが、決してそういうわけではなくて、誰にでも起こりうる病気と言うことになります。女優の向井亜紀さんがよく講演会でいっているのを見たことがあります。この病気は未然に防げるので、原因もわかっていますから検診を受けて防いでいきたいですね。


子宮頸がん

子宮頸がんの治療

 

子宮頸がんの治療について紹介します。子宮頸がんの治療は、基本的には、手術を行うことになります。子宮頸がんは手術が出来ないくらいの進行具合の場合は、放射線療法になることもありますが、ほとんどの場合が手術を行って子宮頸がんを治療することになります。手術が出来ない高齢者の人や、他にも合併症を併発している場合には、子宮頸がんの治療は放射線治療を行うことになります。


放射線治療の方は、どのステージのガンの場合にも行うことが出来ます。また、子宮頸がんには、放射線の治療が効果的であるとも言われています。治療法は手術を行う場合と放射線治療を行う場合ではどちらもそれほど差がいないくらいの治療ですが、手術による子宮頸がんの方が完全に元から治療できていいといわれています。


私の友達も子宮頸がんの治療をしていますが、初めに手術を行ってから放射線治療も併用して行っています。場合によっては放射線治療と手術の療法を行うことがありますから病院の先生に聞いてみるといいと思います。


子宮がんの症状

子宮がんの症状

 

子宮がんの症状について紹介します。子宮がんの症状ってあまり胃がんなどに比べてわかりにくいといわれていますが、具体的には子宮がんの症状にはどのような物があるのか説明していきたいとおもいます。初期の子宮がんの症状には、ほとんど自覚できる症状がありません。


ですからなかなか子宮がんの症状がないために、子宮がんと気がつくのが遅くなるようです。子宮がんの症状として他には、性交後に出血があったり性交中に出血や痛みがある場合もあります。また、生理でもない時期の不正な出血や生理の時の大量の出血も子宮がんの症状の一つです。


他には子宮がんの症状としては、おりものの違いがあります。少し水っぽいおりもので臭いがする場合があります。子宮がんの症状は初期の段階では本当にわからないことが多いようです。ですから、あまり普段と変わったことがなくても子宮がんにかかっていることがありますから、30歳をすぎたら、年に一回は子宮がんの検診を産婦人科や各都道府県が行っている健診を受けに行ったほうがいいと思います。